記事
ゲームブランド「Key」が手掛けるアニメ、通称「Key作品」は、泣ける名作が多いと有名です。「それは知ってるよ」と思った方、ちょっと待った!『CLANNAD』や『AIR』あたりを想像していませんか?それ以降に作られたKey作品にも、泣ける名作がまだまだあるんです。そこでこの記事では、2010年以降に放送された「泣けるKey作品」を3つ、ご紹介します!
皆さんは自分のお仕事、好きですか?やりがいや嬉しい瞬間もある一方で、うんざりすることも多いですよね。制作会社「P.A.WORKS」は、そんな「お仕事」をテーマにした作品をいくつも作っています。仕事を頑張る女子を主人公にしつつ、仕事のリアルな辛さや楽しさを描いていて、「あるある!」「頑張れ!」と感情移入してしまうことうけあいです。そんな「お仕事シリーズ」、3作品を見てみましょう!
アニメを見ているとついつい飛ばしがちなOPですが、ちょっと待ってください。本編内容に合わせて変化していき、もはやOPだけでも楽しめてしまうアニメがあるんです。一時停止しまくりながら見たり、何話も並べて比較しながら見たり…本編並に何度も見たくなってしまうほど、作り込みのものすごいOPも。この記事では、そんな「OPが変わっていくアニメ」を4作品ご紹介します。
AT-Xでは開局25周年を記念して、毎年実施しているアニメランキングを拡大しました!これまで放送した全ての作品を対象にしたところ、視聴者からの熱いコメントが寄せられました。なかには「あれはAT-Xでしかできない」「AT-Xを契約する理由になった作品」といったご意見も。この記事では、ランキング内で特に熱いコメントが寄せられた作品を2つ、それぞれのコメントと共にご紹介します!
開局からおよそ25年間で、約3,700本のアニメを放送してきたAT-X。2023年には、開局25周年を記念し、同局で毎年実施している「アニメランキング」を拡大しました。この記事では、ランキング投票を行った3部門のうち、アニメ部門「一番好きな作品」の上位3作品をご紹介します。視聴者投票による、忖度なしのランキングをぜひご覧ください。
誰かを思うあまり、病的な行動に走ってしまう「ヤンデレ」。ヒロインが愛ゆえに焼くヤキモチはかわいいものですが、ヤンデレのヤキモチはかわいさを軽く超越します。監視や束縛だけでなく、明らかな犯罪行為に手を染めてしまうキャラもちらほら…。時に、猟奇的な愛情がかわいさを超えて恐ろしい、ヤンデレヒロインを2人ご紹介します。
アニメ作品に出てくるヒロインたちは、時に優しく時に明るく、作品を彩ってくれます。しかし作品によっては、主人公と結ばれることも夢を叶えることもなく、無残に死んでしまうことも…。この記事では、「その日のお昼が食べられなかった」「当時学校を休んだ」と視聴者間でも話題の、「壮絶な死に方をしたヒロイン」を2人ご紹介します。